• ホーム > 
  • 内視鏡(ファイバースコピーなど)検査について

内視鏡(ファイバースコピーなど)検査について

内視鏡(ファイバースコピーなど)検査について
鼻やのどの奥など、見えない場所は、ファイバースコピーを用いて、局所的に詳しく観察することができます。電子スコープの太さは、直径3mmなので、鼻から挿入しても気持ち悪くなることも少なく検査できます。
通常の鼻鏡検査では、総合的な所見が得られるので、両方の検査を行うことで、より正確な診断を行うことができます。
患者さんの症状や状態に応じて、内視鏡(ファイバースコピー)検査を行います。

内視鏡(ファイバースコピー)検査で見つかる病気について

内視鏡(ファイバースコピー)検査で見つかる病気について声枯れ、のどの異物感・違和感、咳・痰(血痰)の症状がある場合は、咽頭・喉頭炎の状態、下咽頭・喉頭腫瘍の有無を確認するために、必ず内視鏡検査を行います。
咽頭癌、急性喉頭炎、反回神経麻痺、喉頭蓋のう胞などの病気が分かった場合は、患者さんの意向に合わせて治療を進めてまいります。
Tel.072-266-8733 ネット予約

診 療 時 間

  日・祝
午前 9:00~12:00 × ×
午後 16:00~19:00 × × ×
※土曜午前は 9:00~12:30 まで  休診日:水曜・土曜午後・日曜・祝日